ソマティック・エクスペリエンシング 認定プラクティショナー 養成トレーニング 参加者募集

 

ソマティック・エクスペリエンシングSEは、アメリカNASA航空宇宙局でも利用されている、信頼性の高いトラウマ療法です。慢性的ストレス・トラウマの症状の軽減のために神経生理学的なアプローチを行います。SE™では、事故や災害などのPTSDも扱いますが、そのほかにも、転倒、溺水、医療措置によるトラウマ、性的トラウマ、周産期トラウマ、逃れられない攻撃を受けた体験としての、虐待や愛着の問題も扱うことができます。このトレーニングを受けると、SE™セッションをクライアントに提供できるほか、脳神経系や神経生理学の理解を深め、それぞれの専門分野で活用できます。心理療法家だけではなく、ボディーワーカー、医師、看護師、療法士、介護士、福祉士、救急・消防士、警察官、自衛隊員、教師など、様々な分野の専門家に役立つ広範で最新の知識と、現場で役立つ技能を身に着けることができます。

 

 <講師>

 

  アリエル・ジェラート

 

   FHE-SETI認定講師

  

   初級・中級担当

 

  アリエルは、自宅出産を提唱し、女性と赤ちゃんのために自然な出産ができるように活動していました。その後、自然災害の急性期トラウマ治療にたずさわり、現在は、SE™トレーナーとして世界各国で指導を行っています。衝撃トラウマの高度な知識と解放の技術を持っているほか、愛着についても深い理解を持っています。SE™を、衝撃トラウマの再交渉にも強いるほか、愛着障害の問題にも応用しています。ユーモアがあり、動きを使いながら楽しく講義を進めていくことには定評があり、難解な神経系の作用機序も、笑いながら腑に落ちると好評です。また、女性も男性も幸福であるとはどういうことかを追求し、セクシャリティーについても、人生の変容をもたらすワークショップを行うことで知られています。

 

 

<講師>

バーンズ・ギャロウェイ

 

FHE-SETI認定講師

 

上級担当

 バーンズは、SE™の創設者ピーター・ラヴィーンの教え子の第一期生で、ピーターから直接SE™を学んだ、貴重な講師です。心と身体の理解も深く、ピーターが意図していることも、深く体得しています。SE™タッチを習うなら、バーンズ、という定評で、バーンズの上級トレーニングには文字通り世界中から受講生が集まります。今回初めて、日本でのSE™上級トレーニングを行うことを合意してくれました。熱烈な依頼が実り、ザ・SE™を日本で直接バーンズから学ぶことが可能になりました。

 

<リードアシスタント>

浅井咲子

SE™上級グループケースコンサルテーションプロバイダー

神経セラピスト

著書に「『今ここ』 神経エクササイズ」

 

 

SEのアドバンスの学習として、

 

ハンズオンに関しては、キャッシー・ケーン氏に2008年より師事し、タッチスキルトレーニング(TST)(Module 14(completed in 2011)、 

角膜と関節(2008)、自己調整とレジリエンス(2011)、複雑性トラウマへのタッチメソッド(2012)、 

身体の層に働きかける(2012)愛着とレジリエンス (Module 13(2012-2013)

 早期のトラウマ~レジリエンスと自己調整のクラス(module AC(20162018)修了。

 

他には動的愛着パターン組み換え(DARe)module 1 &2)(2017) 、統合的ソマティック心理学(ISP(module 1) を受講中です。

 

他のモダリティ

Dr.R.Schiwaltzの内的家族療法 level 1)(2018)、Dr.S.W.Porges による多重迷走神経理論応用セラピー講座(2017)を修了

 

近年ではJanina Fisherに師事しながら神経生物学的トラウマモデルby (レベル1)(2016)、Dr.Phillipsから自我状態療法 (2016)module 1 &2を習得

 

補助的に思考場療法 診断レベル(TFT)2016)、頭蓋仙骨療法(Module 1 & 2(2015 & 2016)スウェーデンマッサージ(2006)弁証法的行動療法(2005)からのエッセンスも使う。

 

<リードアシスタント>

キャサリン・レモン SEP リードアシスタント
米国カリフォルニア州
インテグレーティブ・ソマティック・プラクティショナー

パーソナル・セッション・プロバイダー

 

 

 

キャサリンは、教育者、ボディワーカー、パーソナルコーチとして30年以上の経験を持っています。彼女は幼児発達の分野ではじまり、ソノマ州立大学でモンテッソーリの資格を取得しています。パロアルトのボディセラピーセンターで1991年に治療的なマッサージプラクティショナーとして認定されました。さらに、クロエ・スコットが率いるDymaxion Moving Companyのメンバーでした。そのムーブメントはフェルデンクライス、コンティニュアム、およびヨガの組み合わせでした。1980年にMMS Instituteで認定ライフ・コーチになりました。25年間エニアグラムを学び、ヘレン・パーマーとデイヴィッド・ダニエルズとの伝統的なナラティブのエニアグラムで訓練を受けています。現在、カリフォルニア、オーストラリア、韓国、日本、イスタンブールのSEトレーニングのシニア・アシスタントです。さらに、カリフォルニアのデイブ・バーガーのBASEトレーニングにも参加しています。レイ・カステッリーノのWomb Surround Processワークショップに参加:カリフォルニア、オーストラリア、ギリシャのAriel Giarrettoと愛着障害の治癒、周産期、Sexual Seriesを支援しました。

キャサリンは、カリフォルニア州セバストポルでプライベートプラクティスを開催しています。彼女の一番の関心は、子供や大人のあらゆる形態のトラウマに働きかけることです。

<シニアアシスタント>

ニール・ウインブラッド LMFTSEPNMP  シニアアシスタント
米国カリフォルニア州 

結婚家族セラピスト、NARMプラクティショナー
ケース・コンサルタント&パーソナル・セッション・プロバイダー

 

 

ニールは、カリフォルニア州においてプライベートプラクティスで繁盛している結婚・家族セラピストです。1979年にマッサージセラピストとしてキャリアをスタートし、1980年にロルフングの資格をすぐに取得しました。1983年にはPeter Levineから学び、1988-89年には再び学びました。1991年にMFTライセンスを、2010年にSEPを取得しました。NARMマスターの認定を受けており、NARMの教師でもあり、Kathy Kainのタッチトレーニングも学んでいます。Ray Castellinoのワークショップに数多く参加し、Peter LevineMaster Classesに参加しました。SENARMの両方でコミットされたアシスタントであり、年に9-12のモジュールをアシストし、SENARMの両方の研究グループを先導しています。SEの受講生がピアレビューの過程にある3年間の訓練プロセスを経る中での「生活の質」の変化について独立した研究を行いました。また、ロサンゼルスの国際トラウマヒーリング研究所の理事会で、PTSDの治癒に対するSEの有効性に関する大規模な研究プロジェクトの資金を調達しました。自分の手法の中で好きな分野は、カップル、個人、そして個人との関係です。ショックと発達の両方のトラウマ治癒を促すことが、人が他人や自己とのつながりを再確立するのを助け、関係を治癒するのに効果的であることを見い出しました。ニールは電気技術者としての十分なキャリアを持ち、木工、金属加工、リモデリング、ビデオ編集、執筆、その他多くの実践的な趣味を愛しています。エドガー・ケーシーの研究と啓蒙のための協会との15年間の霊的研究を行ってきました。彼は41歳の妻、ジニー(SEP)と2人の娘がいます。

 

 <オーガナイザー>

 花丘ちぐさ

 SEP SE中級ケースコンサルタント

  

翻訳書

「トラウマと記憶」 ピーター・ラヴィーン著

「ポリヴェーガル理論入門」 ステファン・ポージェス著

 

SE大分オーガナイザー 

DARe オーガナイザー

ISP オーガナイザー

テレール博士の愛着を癒すタッチトレーニングオーガナイザー 

ツイッグのクライアント コミュニケーショントレーニングオーガナイザー 

 

Kathy Kaine によるSomatic Practice修了 

韓国およびオーストラリアでもSEトレーニングのアシスタントを務める 

桜美林大学大学院心理学研究科健康心理学専攻修士課程修了 

桜美林大学大学院国際人文社会学博士課程後期在学中 

日本健康心理学会公認専門健康心理士

米国ミシガン州立大学大学院人類学専攻修士課程修了 

心理学修士 

人類学修士 

 

趣味は、コーギー犬の蘭と森林公園を散歩することとスキー。 

日本舞踊坂東流師範

 

<通訳>

鈴木敬子

A級同時通訳者

医学、薬学、科学分野専門

日本及び世界各地での学会の同時通訳を30年にわたり務める。

SE大分  公式通訳

BASE 公式通訳

DARe 公式通訳

ISP   公式通訳

 

 

<日時>

 初級前半 2019年8月1日~6日

 初級後半 2020年2月20日~25日

 中級前半 2020年9月18日~23日

 中級後半 2021年2月19日~24日

 上級前半 2021年7月17日~22日

 上級後半 2022年2月11日~16日

 

<概要>

SE™プラクティショナーとしての認定を得るためには、

3年間のトレーニング(初級、中級、上級でそれぞれ6日間年2回開催されます)の終了

3年間で12時間のSE™個人セッション

18時間のコンサルテーション

を受けることが必要です。

今回は、1年目の初級トレーニングに該当します。1年目は、トラウマのメカニズムに対する基本的な理解を構築し、実際にクライアントとかかわる際の基本的なスキルを身につけます。

すべて通訳付き

 

<場所>

 クロスウェーブ幕張 海浜幕張駅徒歩5分

 https://x-wave.orix.co.jp/makuhari/

 

<定員>

  45名

 

<参加費>

1モジュール(6日間) 180,000円プラス税

 

 

また、特にキャンセル規定は設けませんので、参加を希望される場合のみご入金ください。一度ご入金いただいた受講費は、ご本人の急病、けがなどやむを得ない場合を除き返金致しません。

 

 

 <参加資格>

心理、あるいは身体の分野で専門資格を有し、臨床経験が2年以上あることがのぞましい。

 

心理(精神医学含む)の資格の一例としては、精神科医、看護師、精神保健福祉士、臨床心理士、発達臨床心理士、健康心理士、認定心理士、心理カウンセラー、福祉、介護関係、フォーカシングなどのソマティック心理学の資格など、また身体・ソマティックの分野では、ロルフィング、アレクサンダーテクニーク、フェルデンクライス、クラニオセイクラル、ヨガ、そのほか。また、救命救急隊員、教師、警察官など、トラウマとかかわる職業の方。SE™トレーニングは、様々な分野の専門家が集う、プロフェッショナル・スキルを磨くためのトレーニングとなります。

 

受講生の選考は、専門資格と臨床経験を多岐にわたって検討し、最終決定は本部講師が行います。

 

 

<交通と宿泊の手配>

交通と宿泊については個人で手配をお願いいたします。

 

 

<申込受付期間>

2019年2月1日から2月28日まで

メールにて必要書類を添付して、SE東京/幕張トレーニング事務局必着

 

青空の広がる新しい街、幕張・新副都心で、即活用できる技能を身に着け、新たな専門家同士の出会いも楽しみましょう!

 

アシスタントとして参加を希望されるSEPは、応募書類ができましたので、直接「国際メンタルフィットネス研究所」までメールで書類請求をしてください。

応募期間 2019年1月1日から、1月31日まで

 

 

 

 

 

<必要書類>

 

 

1.履歴書 書式は任意 特に専門資格については英文名を記載してください

 

2.顔写真(自撮りOK)

 

申込書 申込ページにアップしてあります。

 

 

 必要書類はすべてメール添付で semakuhari2019training@gmail.com までお送りください。

 

ファイル、あるいはスキャンした画像でもきちんと見えるようなら可です。

 

 

 

 

 

 

 

<受講者の決定方法>

 

 

講師とオーガナイザーが協議の上、受講生を決定します。定員を超える場合は、キャンセル待ちにお入りいただく場合があります。 月1日をめどに、お申込みされた皆様に、可否をお知らせいたします。 

 

<受講費の支払い>

 

受講が決定した受講生の皆様には、受講誓約書への記入のお願いと、振込先と振り込み期限をお知らせします。

受講誓約書の提出と、受講費の振り込みをもって登録完了となります。

 

 

 

 

 

 

 

 *このトレーニングは3年間のトレーニングです。やむを得ない場合を別として、3年間受講する意思のある方のみ、お申し込みください。

 

 本トレーニングでアシスタントをすることを希望されるSEPの方は、2019年2月1日より申し込みを開始します。公募のあと、講師と検討の上、メンバーを決定します。申し込みの詳細は、別途下記問い合わせ先までご連絡ください。心理、身体、医療、福祉などの分野での臨床経験が豊富で、臨床でSEを活用されていることが必須条件です。

 

 

 

 

 

 

<お問い合わせ>

 

 

SE東京/幕張トレーニング事務局 semakuhari2019training@gmail.com

 

電話&FAX 045902-1082  担当 花丘ちぐさ・テレサ 

 

 

 

<フェイスブック>

フェイスブックにて最新情報を発信しています。こちらもご参照ください。