スティーブ・テレール博士来日決定!

  愛着障害、発達トラウマに働きかけるタッチセラピー ワークショップ開催

 

成人してから受けたトラウマと、胎児や幼児が発達段階で受けるトラウマでは、その影響は大きく異なります。また、虐待はいうまでもなく、幼児期から不適切養育を受けたことによって、脳神経系の発達は大きな影響を受け、のちの健康、学習能力、人間関係、情緒の安定など、生活のすべての領域に影響を与えます。早期トラウマを理解するとともに、それが幼児や成人にどのような影響を与えるかを理解し、それをどう解決していくかを模索することは、21世紀の大きな課題です。

 

テレール博士のワークショップは、おかげさまで満席となりました。ありがとうございました。

 

テレール博士の愛着障害・発達トラウマに働きかけるタッチセラピー講座では、以下のような内容を扱います。

・発達トラウマが、自己調整、愛着、身体に与える影響

・発達トラウマを、トラウマの脳神経学から理解する

・発達トラウマと、学習能力、対人関係、健康、情緒の安定

・成人における発達トラウマの見分け方

・発達トラウマが身体表現性疾患として表れている場合の考察

・言語習得前のトラウマにいかに働きかけるか

・愛着パターンの理解と、実際のセラピールームでの対応方法

・愛着パターンと、その身体、脳生理学的特性

・ソマティックなアプローチで、発達トラウマに働きかける方法

・実際のタッチ技法  触れ方や触れる部位、ことばがけなど

 

モジュール1 201732日から5日 4日間 

モジュール2 20179月7日から10日 4日間

モジュール3 2018年1月18日から21日 4日間

 

現在の時点で3モジュールの予定ですが、さらに学びたいというご要望がある場合、モジュールを追加する可能性もあります。モジュール3以降は自由参加です。

 

 費用:1モジュール 早割  ¥129,600(税込)

   (2モジュールで、   ¥259,200(税込)

    早割は、1月25日までです。

    普通料金      ¥140,400ー (税込)

 

 

通訳付き 演習の時はアシスタントが付きます。

 

修了時には、テレール博士より修了証が渡されます。

修了の要件として、春秋のワークショップを受講していること及び個人セッション4回の受講が必要です。

セッションは、テレール博士が認定した日本人のプラクティショナーから受けることができます。

 1セッション ¥10,000(税込)です。

 

 場所:クロスウェーブ幕張 http://x-wave.orix.co.jp/makuhari/

 

  幕張は、東京駅からJR30分ほどです。

クロスウェーブの宿泊も可能で、現在20室のシングルルームを確保しています。(一泊9000円程度) 

 

定員:40

 

参加資格:

 現在クライアントを持っている援助職の方で、トラウマの知識のある方。

 ソマティック・エクスペリエンシング、EMDRなどのトレーニングを受けているかたや終了された方。

 ボディーワーカー。

 医師、看護師など、医療関係者。

 参加資格に該当するかどうか、不明な場合はお問い合わせください。

 

原則として、モジュール1,2の両方に参加できる方。

秋のモジュールに参加できない方は、DVD受講をしていただきます。(DVDは受講料と同額です。

 

また、セミナー開催の安全のため、参加規約に同意いただきますようお願いいたします。

参加規約はこちらです。

 

募集期間 現在第2期募集中です。若干お席に空きがあります。早割適応の期間が限られておりますので、お早めにお手続きください。

 

登録期間 20161226日~2017125

 

申込書にご記入の上、メールか郵送にてお送りください。


参加資格を満たしていると判断できた方から順に、登録方法をお知らせいたします。

 

 

 

 

オーガナイザー&通訳 花丘ちぐさ

 

「国際メンタルフィットネス研究所」主宰

ミシガン州立大学大学院人類学専攻修士課程修了、桜美林大学大学院心理学専攻健康心理学研究科在学中 A級同時通訳者 ソマティック・エクスペリエンシング® プラクティショナー 大分SEトレーニング オーガナイザー 

 

 

【申込書】

メールで申し込まれる方は、下記事項をご記入のうえ、info@i-mental-fitness.co.jpまで送信下さい。

 

----------------------------------------------------------------------------------

テレール博士のワークショップ 申込書 2017年春・秋開催

 

氏名

性別   年齢

住所 

電話番号

メールアドレス

最終学歴

専門資格

受講希望の動機、講座に期待することなど

 

上記内容に相違ありません。参加規約に同意し、講座に申し込みます。

 

2016年  月   日      署名又は記名  _______      __

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

郵送の方は、下記申込書をダウンロードし、送付ください。

  

225-0002横浜市青葉区美しが丘5-13-7-701

「国際メンタルフィットネス研究所」

 

ダウンロード
テレール博士のワークショップ申し込書2017年春・秋開催.pdf
PDFファイル 51.5 KB

 

応募されてから、3、4日たっても連絡がない場合は、念のためメールかお電話で確認をお願いいたします。まれに、メールが着信拒否されることがありますので、「国際メンタルフィットネス研究所」からのメールが受け取れるように設定お願いいたします。

 

 

 

 

 

A Somatic approach for recovery from developmental trauma in Tokyo, Japan

 

By Dr. Steven Terrel

 

 

 

The effect and consequence of developmental trauma differs significantly from trauma experienced in adulthood.  Abuse definitely affects negatively against developing brain and nerve system, and the consequence of maltreatment is not negligible, either.  Adverse childhood experiences affects people’s health, performance, learning ability, human relationship, and self-regulation.  Understanding early trauma and its effect upon both children and adults, and searching for solutions are the most needed endervour in the 21st century.

 

 

 

Dr. Steven Terrel owns “Austin Attachment and Counseling Center” and is an experienced touch therapist specializing in attachment and developmental trauma.  He has experiences in Neuro-sequential Development, Dyadic Developmental Psychotherapy, Hypnotherapy, Somatic Experiencing, Touch Skill Training for Trauma Therapists, Reality therapy, EMDR, etc, and he has developed his own touch skills to help people to recover from attachment disorder and developmental trauma.  He is well trusted and popular among both children and adults, and his reservation is fully booked for the next 12 months.

 

 

 

The following topics will be covered by Dr. Steven Terrel

 

*Effect of developmental trauma on self-regulation, attachment and a body

 

*Understanding developmental trauma in view of cerebral-neurology.

 

*Developmental trauma and learning ability, human relationship, health and emotional regulation

 

*Expression of developmental trauma in adults

 

*Developmental trauma being somaticized

 

*How we can work on trauma which happened before a client learned to speak

 

*Understanding attachment patterns and handling them in your therapy room

 

*Attachment patterns and somatic and neurological expressions

 

*Somatic approaches to developmental trauma

 

*Touch skills; how you touch and parts of the body to be touched, languages that you would use

 

 

 

Module 1: 4 days March 2 to 5, 2017

 

Module 2: 4 days September 7 to 10, 2017

 

At this moment in time, 2 modules are scheduled.  Depending on the needs, Dr. Terrel may agree to add more modules.

 

Course fee: 129600yen  International student discount available.  Please inquire to:info@i-mental-fitness.co.jp

 

 

 

 

 

The course will be taught in English and translated into Japanese.   English speaking assistants will be available.  To complete the course and receive a certificate of completion, it is required to attend both of the modules and also receive 4 personal touch sessions from the assistants.  A personal session fee is \10,000-

 

 

 

The venue: Cross Wave Makuhari  http://x-wave.orix.co.jp/makuhari/

 

The venue is in between downtown Tokyo and Tokyo Narita International Airport.  From Narita Airport, it is approximately 30 minutes by bus or train.  Single rooms are available at the venue. (\9180yen- per night)  Rooms will be taken on first come first served bases.  There are many other hotels near the venue.

 

 

 

No. of students: 40

 

 

 

Prerequisites:

 

It is required that you are now a practitioner currently working with clients.  Knowledge in trauma is preferable.  Those who have been in the trainings of trauma therapy, such as Somatic Experiencing and EMDR or those who completed those trainings are the most ideal.

 

Body workers, medical doctors, and nurses with knowledge of trauma are also the most ideal.

 

Please make sure that you can attend both of the modules.  If you cannot come to the fall module, please complete the course by viewing the course DVDs.  DVDs are available with full payment of the module fee.

 

 

 

Organizer and translator

 

Theresa Hanaoka

 

President of the International Mental Fitness Institute

 

She aquired Master’s degree in Anthropology from the University of Michigan. She is currently enrolled in the graduate school of J. F. Oberlin University measuring in somatic psychology.  Somatic Experiencing Practitioner and Oita SE training organizer. 

 

Assisting Sapporo SE training in Japan and Seoul SE training in Korea.

 

 

 

The International Mental Fitness Institute:  http://i-mental-fitness.co.jp/

 

5-13-7-701 Utsukusigaoka, Aobaku, Yokohama city, Kanagawa, Japan

 

81-45-902-1082

 

info@i-mental-fitness.co.jp